本文へスキップ

佐倉車検TKオート

車検に通らない条件についてdetai

車検とは

車検とは、車の各機能が安全に利用できるかを確認するための試験及び検査です。
そのため、危険性があると見なされるような車や、公共の施設及び公道を害する車両は
検査に通りませんので、予めご了承をお願い申し上げます。

車検に通る・通らない条件

お手数では御座いますが、下記車検条件をご確認ください!


1.ヘッドライトの光軸がずれている場合

→調整が必須となります。


2.ドライブシャフトブーツ類の割れや破れのある場合

→ 交換が必須となります。


3.車内・車外のランプで点灯しない箇所がある場合

→ メーター周りのランプも対象です。

4.クラクションが鳴らないかったり、すぐ音が止まらず余韻が残る場合

→ 「ホワーン」と音が残る場合は検査に通らないことがあります。



5.ウォッシャー液が出ない場合

→ 目詰まりではなくモーター故障の場合は修理が必要です

6.ワイパーが動かない場合

→ 修理が必須となります

7.車体(タイヤハウス)からタイヤ若しくはアルミがはみ出ている場合

→ 純正のままの場合でしたら問題有りません

8.フロントガラスにひび割れがある場合 

→ リペアが必須、ひどい場合には交換が必要となります

9.マフラーに排気漏れがある場合

→ 修理が必須となります。

10.エンジン周辺からのオイル漏れがひどい場合

→ ボタボタと落ちるような現象の場合は即刻修理が必要となります

11.タイヤのすり減って溝にあるスリップラインが出ている場合

→ ワイヤーが出ている、一目でツルツルといった印象の場合は交換が必要です

12.運転席・助手席にフィルムを貼っている場合

→車検時にはがす必要が御座います。

13.最低地上高が9cm以下の場合

→当店では車検を行うことが出来ません。

14.規定外のクリアレンズを装着している場合

→交換の必要が御座います

15.座席を外していて乗車定員が変わっているが変更手続きされていない場合

→構造変更のお手続きをしていれば、問題は有りません。

16.駐車違反して反則金未納の車や自動車税を納めていない場合

→車検完了時に未納金があると、車検証を発行してもらえないので、納税は必ず行って下さい。

17.商用車でLPタイヤを装着していない場合

→規定外アルミホイールを装着している場合、交換が必用となります。

18.8ナンバー登録車で必要なパーツがすべて揃っていない場合

→必要設備が前回車検時同様であれば、問題は有りません。

19.規定外のアルミホイール装着をしている場合

→純正品若しくは規定内のホイールに履き替える必要が御座います。


20.マフラー音が規定以上の音量の場合

→純正外マフラーの場合、車検に通らない可能性が高いので、交換をお願致します。

21.ランプカバーが割れている場合

→交換、若しくは程度によっては修正する必要が御座います。


以上となります!

その他の点で車検に通るかご不安な方は、お気軽にお問い合わせ下さい☆